Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sarry/www/staion/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

台本の対訳

1)A TELEVISION SET

投稿日:

タイトル前の一番最初のシーンです。しょっぱなから分かりづらい表現がでてきます。。

-tuned to a DOCUMENTARY. As an old fashioned World GLOBE rotates in a sea of clouds, the EIFFEL TOWER slowly comes
into view over the horizon, dwarfing FRANCE underneath it.
・rotate回転する
ドキュメンタリー番組で、昔っぽい地球儀が雲の上で廻っている。エッフェル塔が水平線から現れて、フランスがその足元にあるのが見える。
T.V. NARRATOR Although each of the world’s countries would like to dispute this fact, we French know the truth; the best food in the World is made in France. The best food in France is made in Paris, and the best food in Paris, some say, is made by Chef Auguste Gusteau.
・dispute:論争する、論じ合う
世界中でいろいろな事が言われているけど、私たちフランス人は世界一の料理はフランスで作られていることを知っている。
フランスで一番の料理はパリで作られていて、パリで一番の料理を作ると言われているのはオーガスト・グストーだ。
We see images of GUSTEAU: cooking, signing his cookbook, in front of his famous restaurant. Gusteau is in his early forties, but his massive girth makes him look older.
・girth胴回り
グストー登場。料理している、自身のレストランの前で自分の本にサインしている。グストーは40代前半だが、かっぷくがよく実際より年上に見える。
Gusteau’s restaurant is the toast of Paris, booked five months in advance, and his dazzling ascent to the top of Fine French Cuisine has made his competitors envious. He is the youngest Chef ever to achieve a five star rating. Chef Gusteau’s cookbook “Anyone Can Cook!” has climbed to the top of the bestseller list. But not everyone celebrates its success.
the toast:祝杯を受ける人、人気者、花形
dazzling(adj):dǽzəlɪŋ 目もくらむばかりの、幻惑的な
ascent(noun):登ること、上昇
envious:妬みを抱いている
グストーのレストランは大人気で五か月前から予約でいっぱいで、彼の輝かしい功績は高級フレンチの同業者もうらやむばかり。彼は五つ星を獲得した最も若いシェフで、彼のレシピ本「誰でも名シェフ」は大ベストセラー。しかしすべての人が彼の成功を祝福しているわけではない。
A tall, gaunt, severe-looking MAN with fish-belly white skin appears on the TV screen. SUPER: ANTON EGO-FOOD CRITIC”.
Beneath that, in italics, is his moniker: The Grim Eater.
・gauntげっそりやせた
・Grim Eater=Grim Reaper(死神)に掛けたあだ名だと思われます。怖いね。
背が高く、厳しそうで、魚の様に白い肌の男がスクリーンに現れる。スーパー「アントン・イーゴ:料理評論家」その下にイタリック体で「あだな:死神」
EGO Amusing title, “Anyone Can Cook”. What’s even more amusing is that Gusteau actually seems to believe it. I, on the other hand, take cooking seriously and no– I don’t
think “anyone” can do it…
「誰でも名シェフ」とは面白いタイトルだが、さらに面白いのがグストーは本当に誰でも料理ができると考えているところだ。
私は決してその様に考えられない…







-台本の対訳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

This is me


英語学習を細く長く続けているOL主婦です!
映画「レミーのおいしいレストラン」の英語を勉強しています。只今TOEIC795!いつもあと一歩及ばない性格です。
訳の解釈など間違っているところもあるかも知れないです。お気軽に指摘いただけると助かります。